エンタメニュース 騙されない知識

リストラされても借金を背負ってもそれは役だと思え。矢沢永吉のBIGな伝説 35億円の詐欺被害も全額返済!

矢沢永吉といえばあらゆる伝説がある。その中でも特に知られているのが35億円の借金完済だ。

部下に騙された矢沢永吉 35億円の借金背負う

矢沢はオーストラリアのゴールドコーストに強く惹かれ、そこに音楽学校やスタジオを作れないか?と考えるようになる。このプロジェクトにあたって、信頼できる二人の部下に任せるようにしたそう。一人は英語が話せて現地との交渉事をスムーズにできる男。もう一人は不動産や金融関係の経験が豊富な年長者。最適な組み合わせであったはずだった。

だが、1998年に衝撃の事実が発覚する。現地の部下二人は矢沢の会社で別のビジネスを行っており、矢沢への報告はすべて虚偽だったことが判明。詐欺・横領などによって矢沢が受けた被害総額は35億円。その全ての借金を矢沢が背負うこととなってしまう。これはオーストラリア犯罪史上二番目に大きい被害金額であった。

借金を全額返済した矢沢永吉

信頼していた部下に裏切られた矢沢は、当初打ちのめされて毎日酒を飲んでいたそうだが、借金完済を決意。そこから矢沢は今まで以上に精力的に活動をする。ライブはもちろん、CMや映画などにも出演してお茶の間への露出も増やしていった。
このような努力が実り、数年をかけて全額返済したそうだ。返済は一度も遅れることなく行われ、銀行の担当者に「返済の優等生」と言われたという。

借金完済後に矢沢は都内にスタジオを兼ねたビルを建設している。35億もの借金を完済した上に、都内にビルまで建築した矢沢は以下のように語る。

 

「僕は皆さんにも言いたいね。リストラされたって、借金を背負ったってそれは役だと思え。苦しいけど死んだら終わりだから、本気でその役を生き切れ。つまり視点を変えれば、気持ちが切り変わるってことなんだ」

実際に億単位の借金を背負った場合、ここまでの決意をしても全額返済できるかと頭をよぎるが、矢沢もそう思ったことだろう。しかしそれをおくびに出さずに完済をしてしまった。矢沢永吉がBIGだと言われる理由の一つを垣間見れるエピソードだ。

 

引用元