ニュース

ヤクザに脅されたんだろ?『王将、第三者委が報告:不適切取引で200億円流出』

2013年、前の社長が射殺された「餃子の王将」を展開する「王将フードサービス」をめぐって、第三者委員会が、不適切な取り引きにより、およそ200億円を流出させていたとする調査報告書を公表しました。

「キツネ色でパリッとしてジューシー」(王将フードサービス前社長・大東隆行さん〔2009年ごろ〕)

「王将フードサービス」では2013年12月、当時社長だった大東隆行さん(当時72)が京都市の本社前で拳銃で撃たれ殺害されました。

「社長、無念だったな」(取引業者)

事件をめぐっては、現場で採取されたたばこの吸い殻に付いていたDNA型が福岡県内の暴力団組員の男のものと一致し、警察は暴力団組員が関与した疑いがあるとみて捜査しています。

こうしたことから、王将は今年1月に第三者委員会を設置。役員ら32人への聞き取りなどの調査を行った結果、1993年から2006年にかけ、特定の人物Aが関係する企業グループBから20億円で長崎の旅館を購入したり、5億円あまりで祇園のビルを購入するなどして260億円を支出していたことがわかりました。

「(Q.260億円全額が不適切?)不適切な取り引きだが、使途先が全てA氏側に渡ったかどうか解明できていない」(第三者委員会委員長・大仲土和弁護士)

うち、170億円は回収できず、王将は2002年3月期に特別損失として処理したということです。さらに、不適切な取り引きは2013年11月13日に社内報告書としてまとめられていたこともわかりました。これは、大東前社長が射殺されたおよそ1か月前にあたります。

「(Q.A氏の背後に暴力的関係者、反社会的勢力が含まれる可能性も考慮?)先ほど申し上げているように、我々の調査の範囲外ですので、調査はしていない」(第三者委員会委員長・大仲土和弁護士)

一方で、第三者委員会は、「現在の幹部や取引先について反社会的勢力との関係は確認されなかった」と結論づけました。報告を受け、王将は「より一層、ガバナンス体制の充実を図る」としています。(29日23:03)

とニュースになっているが、他のニュースサイトでは

一方、王将の現経営陣と反社会的勢力との関係は「確認されなかった」と指摘。第三者委は記者会見で「事件の背景や原因解明は調査の対象ではない」と説明した。

と言っている。

ヤクザに脅されたんだろ?