高倉組長

 芸能界で錬金術師になるクリエイターの為のデジタル媚薬

yankee

【悲報】ヤンキーの愛読書みんなが主役だった有害図書「チャンプロード」が廃刊休刊!!

こんな絵に描いたようなヤンキー夫婦が掲載される『チャンプロード』

ジャージでプリンになった小汚い金髪、子供はモヒカン。

デートはもちろんパチンコ。

なぜか旦那は鉄パイプを持ってる・・・。

そんなチャンプロードは、なぜ休刊することになったのか。

9年の歴史に幕、なぜ?

スマートフォンやタブレットの普及などにより、逆境に立たされている紙媒体。岩橋氏は、紙からネットへの移行が遅れたことを、一番の原因に挙げる。

詳しくは以下を読んでみて。

11月26日発売号をもって休刊することが判明したのだという。

休刊に対する詳細は9月26日発売の11月号に掲載されるとのこと。

d8fc9e24bb79817237ed14245a412c4a

『チャンプロード』とは、

株式会社笠倉出版社が出版している暴走族向け自動車雑誌・オートバイ雑誌。

キャッチフレーズは「皆んなが主役だ!! BARI×2チューニングMAGAZINE」。

1987年創刊。

 

誌面のほとんどを読者投稿による文章・写真が占め、編集部の独自企画による記事はほぼゼロに近い。

毎号約250ページ程度のページ数がありながら、2012年現在編集長を含め4人の編集部員、外部ライターを含めても

8人で雑誌を編集している。

出版社の公式な見解はともあれ、犯罪行為を推奨したり、犯罪行為の当事者となった人を賞賛したりするような記述も、チャンプロードには含まれている。

ただし、発行や販売は、特に支障なく行われている。

 

日本国憲法が保障している言論の自由を理解するにあたっての具体例として捉えられることもある[誰によって?]。

その一方で、2007年4月に静岡県において静岡県青少年のための良好な環境整備に関する条例に基づく有害図書類と指定される。

また、秋田県・福島県・茨城県・愛知県においても有害図書に指定されている。

 

 

ヤンキーからオタクに移る世の中の一つの文化が終わる感じは悲しい。。。南〜無〜。

 

-yankee