高倉組長

 芸能界で錬金術師になるクリエイターの為のデジタル媚薬

高倉道

電話で仕事の依頼はお断り!!! 最先端スタイルでオファーしてくれませんか?

難聴御免!

高倉組へのお電話でお仕事の依頼はお断りさせていただくことにした。

いや
「お断りします」と断言。

なぜならハードロックを30年以上に渡りヘッドフォンで聴きすぎたからW

あくまで個人的な決め事で申し訳ないが、難聴は会話を何度も何度も聞き返さなくてはならない。

電話だけではなく・・・打ち合わせなどの通常の会話だって聞き返すことが多々ある。

夫婦の会話は特に・・・WWWW

 

しかし目を見て唇をみて、相手の言おうとしていることを「読む」ことで会話が多少スムーズになるから電話よりはマシだが、直接会って打ち合わせが絶対!という訳ではないのもお分かりいただけるだろう。

便利になったこの時代にわざわざ互いの貴重な時間を割いて、メールや、LINEなどでしかもイメージや動画をつけて解説や説明出来るのに・・・使わない手はない。

とても大事なことでなければデジタルで十分だと思うし「話せば分かる!」

そのとおりだが必要に応じてアナログとデジタルを使い分けることにしたのでお付き合いヨロ。

 

双方にとって至急の要件(あくまで「双方」という点がミソ)

 

私が言いたいのは、「オファーに関しての仕事の依頼」は電話は不要ということだ。

メール内容がツッコミどころ満載なら、こちらからシツコクこちらが理解できるまで電話しますので安心を!

 

ファーストコンタクト時は尚更だ。

難聴という勝手なイイワケを付けたが、大事なオファーだからこそ確実に仕事をこなしたいと高倉組の言いぶんを聞いて欲しい。

最近ありがたいことに何故か昔HPで公開してしまった(今は削除した)番号宛に、オファーが急増しているがあまりにも一方的なしかも、失礼なオファーの対策だ。

具体的にバラすが、急な出演依頼をしてくる(今後のために、ドッキリの)制作会社からの依頼の内容には共通点がある。

「至急の要件」であること。

その至急の要件こそ、そちらの都合であり、例えば撮影中であるの当方の都合も考えずに

「近々で申し訳ないのですが明日の早朝、ヤクザを5名手配願えないでしょうか?」という案件が山ほどある。

今日の明日で数名のスケジュールを確保できないことはないが、電話口で依頼してくる内容に限って、集合の場所や時間、衣装の有無、終了時間がはっきり決まっていない場合が多いことにビックリする。

制作会社はたくさんあり、その数ほど依頼の方法などにはやり方があるのだろうが、

「今、会議で決まりました!」というホットな状況で、趣旨や流れや内容さえもしっかり把握できていないADが、

「高倉組さんなら強面の方がいらっしゃると思いまして・・・」とメールなどで企画内容をしっかりまとめることもなく電話口で思いつきな企画内容を上司に言われたまんま一方的に喋ってこられても・・・困るんだよな。

それならまだ可愛い方だ!

「場所、時間は決まっているが今回はオファーというか、まだお伺いの状況でありまして・・・」

おいおい!

「高倉組さんにいれば候補にさせていただきたい・・・」くらいの状況であるから、「(確実に)高倉組さんで決定」ではないから、スケジュールの調整をやっとこさしたのに努力の甲斐も虚しくバラシ(取り消し)ってことも多々ある。

ここが弱小事務所の高倉組の悲しい所。

だから偉そうには言えないけどさ〜ゴラぁ!

じゃあ

もし電話しなければならない時

 

はどうすれば良いかって?

あらかじめ「この時間に電話します」とメールで伝えて、了承を得た上で電話して欲しい。

なぜなら?

高倉組長も暇じゃない。家事したり打ち合わせしたりタレント業も兼任してるし・・・。

経験上「急な案件でうまくいったためしは無いから!」

あなたが見知らぬ人から忙しい撮影中に着信があったら、電話に出てじっくり話せますか?あ?

そこでお願い「かも」は不要

 

それでも・・・と仮にいやどうしても上から言われての「かも」でもいいけど、せめて

「メールなどでお伺い」→「電話口でご挨拶」→「必要であれば会っての打ち合わせ」→「出演」

という流れにしてくれよ。

先に話したパターンだと

「撮影前夜に電話でオファー」→「高倉組よりエントリー」→「(深夜に)今回はバラシとなりました」

これじゃあもうあんたんとこから二度と仕事受けない。ってなる。

とてつもなく残念で悲しくて後味の悪い結果になるのはパターンは一緒の場合が多いことがほとんどだ。ほんと経験上!

折角、高倉組のタレントを(交通費はよっぽどの場合でない限り請求してないけど)飛行機を使って呼び寄せ、自腹でホテルまで予約し、本業を無理言って休ませてもらった挙句、バラシ(取り消し)とは・・・。

本人の落ち込みを理解してやってください!!!

だから高倉組で明日の撮影は絶対お願いしたい!っていう時以外は前日に電話しないでください。

お願いするかも知れない、出れるかも知れない状況で私達高倉組の貴重な時間を振り回さないで欲しい!

もちろん逆に「なかなか該当するタレントさんが見つからなかったので高倉組さんにお願いして良かったです」と言われることもあるけど、

よっぽどの場合は無い!

TVや映画を含めた、いわゆる作品作りというものは双方が作り上げていくものだ。

制作サイドが一方的に決めるというやり方は避けられないのは百歩譲る。

制作側が希望するタレントを確保するにも大変だとは思うが、だからこそ、対等に良い作品を作りたいのであればここは「お!出れるかも!」「よっしゃ〜」といった数分後に「バラシ」の告白は組長としても若い衆に申し訳ないの涙さ。

高倉組のやり方とは言わないまでも相手の気持ちを理解してよ。

ADが悪いんじゃないんだろうな。きっとDとか・・・あんたらがそういう経験してきたんだろうが、もう時代は電話では通じないぞ。

デジタルな時代だぞ!

良いいも悪いも書かれるのはデジタルな世界だからこそ、うまく利用しなければならないんだぞ!

もう一度言うが高倉組だけがそう思っているとは思わないけどね。

大手有名芸能事務所ではない日本一小さい事務所の高倉組だからこそ、小回りがきくしオファーには最大限の努力で対応する。

ワレワレ弱小事務所らは安定した仕事をいっぱいしたくて、信用一杯つけたくて無理難題をすり抜け辛い思いをしてるんだからね(*▼▽▼*)

 

今後もスムーズに付き合いたいという思いがあるなら

各事務所(高倉組含む)にオファーしてくるADさんや担当者さんへ!

是非以下のオファーフォームのような企画書ほどのレベルは期待しないから相手が不安にならない内容をメールで送信してから、電話で熱く企画内容を補足し話してくれませんか?

ましてや言った言わないなど、くだらない小さいトラブルで互いのプライドある仕事に傷を付けないようにしませんか?

夜露死苦お頼み申す!

 

・撮影日
・集合時間と場所
・撮影開始時間、終了予定時間
・衣装について(色味、スーツorジャージ系)
・必要人数
・タレントキャラ(ヤクザ?チンピラ?)や年齢などの条件
・ギャランティと支払予定日

 

オファーフォームはこちら

 

高倉組より最後に・・・

 

ここからは我が高倉組の重要な「オファー確定後」と「確定するしない」のお願い

 

高倉組のタレントは皆、タレント活動以外の本業を命がけでやっています。

お金をいただく以上プロなので、もちろん撮影には最大限の協力も命がけでしますが、いまの生活基盤があってのタレント業なんです。

そして全国の悪面を60名抱えて関東在住のタレントだけではないのが高倉組。

今日の明日は基本無理!

さっき書いたように地方から撮影のために犠牲を払って上京してくるんです。

しかも每日ヤクザな格好してるんじゃないので、衣装だってクリーニングして準備したり、奥さんに協力してもらったり・・・沢山の根回しをして撮影時間に満面の悪顔で登場します。

そんな準備や努力が高倉組だけじゃないのわかってるけど、心無い制作会社が今も実在する以上、高倉組の規定=オファーへの条件を設けさせてもらいました。

ということで11/8の今日より悪役専門芸能商社高倉組は

撮影日の集合時間12時間前のオファーは断ります。

お〜強気〜。

えらそ〜w

 

折角オファー頂いてエントリーしたのに集合時間の12時間前までに確定orバラシの合否連絡ができ無い場合はスケジュールkeepは保証しません。
例:撮影当日早朝6時集合の場合、前日18:30に「確定」の回答を頂いても出演する約束をしません。ってか、たった12時間じゃ地方から上京するタレントの宿が確保できません。

もちろん撮影当日集合時間までの24時間を切ってからのバラしはギャランティ100%が発生しますこと予めご了承ください。例:撮影当日早朝6時集合の場合、朝7時頃にバラシ連絡頂いてもギャランティ請求します。

そういう恐れのある場合は高倉組にかかわらないほうが良いです。

今の時代、企画書をメールオファーするくらいの余裕と洗練されたスタイルで、最先端の意識で高倉組へ連絡ください。

高倉組長が責任を持って全て対応しますから!!

 

ご協力お願いします。

-高倉道