❥高倉組を知る

80%

元不良率

約60人中12名が逮捕歴無し

72秒でわかる高倉組
95%

男女比

約60人中3名が乙女

高倉組プロフィール

高倉組組長(’65年生)が音楽界AV界グラビア界など芸能歴通算25年+元不良で培ってきた経験を活かして2011年311に東京小金井市に設立。

悪役タレントや刺青モデルの派遣をはじめ、悪役用のド派手商品(ヤクザヤンキー衣装、ヤクザアクセサリーなどのアイテム)や彫師の手配など悪役に関連するモノ・コトを揃える芸能界御用達の総合商社。

所属タレントは全国に60人を超え、“たけしのTVタックル[ヤメ暴SP]”で取材されるなどテレビ出演、バラエティ番組、Vシネの出演は現在まで300本を超える。

また元暴力団員の社会復帰を支援し、高倉組でタレント活動を支援したり地元小金井商工会に加盟し地域社会にも貢献する合法ヤクザ。ただし「悪人」や「悪党」など、違法な人物や脱法の類は存在しない。

 

 

高倉組社会活動

元暴力団員の社会復帰を支援

不当要求防止責任者講習を申請

小金井市内で地域活動

「元暴力団員の社会復帰を支援」

暴力団離脱者が社会復帰できるよう芸能活動できる支援しています。

元暴力団員でも個人の人間性とタレント性を評価出来た場合に限り、ヤクザ役等で活躍出来る芸能タレントとして受け入れるなど、社会復帰できる支援活動をする。また高倉組は元暴力団離脱者が求める不安や心配ごとに関し、心のうちを話せる精神的な支えになれる組織を目指す。不安なことがある元組織の方は気軽に相談をしてください。

「不当要求防止責任者講習を申請」

管轄の小金井警察署へ申請しました。

不当要求防止責任者講習制度(暴力団の不当な要求による被害を防止する講習)で暴力団との関わりをしないさせない運動をしています。→不当要求防止責任者選任及び講習→暴力団に関する困り事相談

「小金井市内で地域活動」

高倉組は地域密着型プロダクションを目指します。

・地元小金井公園内のトイレ掃除→「売名行為動画」
・小金井市で映画やドラマのロケを誘致する団体「こがねいロケよび隊」のイベントなどに参加協力。
小金井商工会に加盟

高倉組メディア掲載(一部)

“高倉組は『悪の百貨店』”by宮藤官九郎 2014.1月新年特大号73Pより
 

“悪人を派遣している人材派遣会社があるようです。まるで暴○団みたいな名前ですが、その実態は・・・”

「高倉組“ヤメ暴”たちの仁義ある戦い!」2016年9月9日号グラビア177Pより
 

朝日新聞dot.で高倉組が「エンタメアクセスランキング」で1位
 
 

高倉組長あいさつ

あなたが元ヤンでも前科者でもいい。

誰でも一度は悪い事をしたな〜という経験があるからこそ家族や友人、他人にだって優しく接することができる。その苦い経験や失敗をどう将来の肥やしにしてるか?成功者の共通点はそこにあると思うし、人はそうして成長していく。

残された人生の中で愛する家族が喜ぶ瞬間の為に、TVに出た自分を妄想してしまったら、身なりを整え、高倉組に連絡してみてはいかがだろう。最初から儲かる業界では無いことをあえて言っておくが、今のあなたに何かが足りてないと思ったら、チャンスだ。この高倉組のサイトをよく見て貴方らしく楽しめる人生を送ることができると提案する。あとは楽しむのみ。

人は善をなさんとして悪をなす。

ロバート・マクナマラというアメリカの実業家が言っていたが、人は善いことをしようとして、悪いことをしてしまう。戦争も、正義のためとうたいながら、、、。

高倉組は元不良という肩書の者が多く活躍している理由はそこにあるのかもしれない。悪いことをしてきてしっかり罪を償い、反省更生し今後どうしたら世の中に恩返しが出来るかということを考えている。

悪が良いとか悪いというより、芸能界での悪役としての立場で世の中にどう楽しく貢献できるのかを考えてみたらいかがだろう。

 

高倉組長

倉本宙雨

写真転載について

引用について

転載について

パクリについて

免責事項

「写真転載について」

当高倉組のサイトでは、撮り下ろした写真も多く使用しております。この写真は1枚3万円にて販売しております。無断転載の場合は3万円に3万円の損害金を加えた6万円を請求いたします。絶対リンクでの写真使用は、こちらのサーバに負荷を掛けますので許諾しません。された場合は威力業務妨害として法的措置をとらせていただき、損害賠償を請求いたします。

協力元:永江一石のITマーケティング日記より
https://www.landerblue.co.jp/blog/?page_id=30423

※教えていただいた方には損害金の半分をお礼させていただきます。

「引用について」

この高倉組オフィシャルサイトは、以下の条件のもと、引用を承諾します。

1 引用部分を「blockquoteタグ」で挟むこと
2 エントリーのタイトルを併記してリンクすること
3 引用部分が従であり、全体の2〜3割程度に抑えること※文化庁の見解による

協力元:永江一石のITマーケティング日記より
https://www.landerblue.co.jp/blog/?page_id=30423

「転載について」

まるまる転載するのは、事前承諾がない場合は許可しません。無断転載の場合、原稿料として5万円を請求させていただきます。

協力元:永江一石のITマーケティング日記より
https://www.landerblue.co.jp/blog/?page_id=30423

「文章を加筆しての転載、つまりパクリについて」

著作権法違反のため、絶対に許可しません。

協力元:永江一石のITマーケティング日記より
https://www.landerblue.co.jp/blog/?page_id=30423

「免責事項」

本ホームページに記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。予告なしに、本ホームページ掲載されている情報を変更することがあります。当社およびその関連会社は、本ホームページに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

Scroll Up